新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル

肺の損傷





【学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル~「学校の新しい生活様式」~ 公表】

新型コロナウイルス感染症の国内外における感染状況を見据えると、今後、長期間、この新たな感染症とともに生きていかなければならないことが想定される中で、感染及びその拡大リスクを可能な限り低減しつつ、教育活動を継続し、子供の健やかな学びを保障していくことが必要であると考えています。

こうした考えを踏まえ、学校における衛生管理に関する取組の参考となるよう、専門家の助言もいただき、学校における衛生管理に関するマニュアルを作成し、本日(5月22日)、各教育委員会等に発出いたしました。

マニュアルでは、専門家会議の提言における地域区分を参考に、地域の感染レベルを1から3までに区分し、それに対応した身体的距離の確保(P7・21・22等)などの行動基準を示しています。
(※P22の参考図はあくまでも目安であり、マスク装着や頻繁な換気等を組み合わせることにより柔軟にご対応いただきたいと考えております)

さらに、各教科等や部活動、学校給食など(P27~)の具体的な活動場面ごとの感染症予防対策についても、地域の感染レベルに応じて記載しています。

各教育委員会や学校法人等、学校設置者の皆様におかれましては、感染症対策を徹底しつつも、感染リスクをゼロにすることはできないという事実を前提として、地方自治体の衛生主管部局との連携を図るとともに、各学校においては、本マニュアルを参考に、学校医・学校薬剤師等の専門家と連携した保健管理体制を整え、現時点での子供たちに提供できる最善の学びのあり方について検討し、様々な工夫を講じながら、教育活動を段階的に実施していただきたいと考えております。

※学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル~「学校の新しい生活様式」~はこちら(PDFにリンク/全41ページ(表紙除く))
https://www.mext.go.jp/…/20200522_mxt_kouhou02_mext_00029_0…
第1章 学校における新型コロナウイルス感染症対策の考え方について
第2章 学校における基本的な新型コロナウイルス感染症対策について
第3章 具体的な活動場面ごとの感染症予防対策について
第4章 感染が広がった場合における対応について
第5章 幼稚園において特に留意すべき事項について

※別添資料
https://www.mext.go.jp/…/20200522_mxt_kouhou02_000007426_03…

【参考】萩生田大臣会見全編(19分27秒/3分13秒~衛生管理マニュアルについて発言)
https://youtu.be/Zy0pB01fcuQ



アフィリエイト

アフィリエイト

日本経済に未曾有のチャンスが到来している



日本経済に未曾有のチャンスが到来していることを皆様に知っていただきたいと思います。

そして、大きな経済変動が起きている事実も毎日の報道機関のニュースだけでは将来的な予測や判断が出来かねる現状をお知らせしたいと思います。

産業革命の時以来の大きな経済変動が世界の経済活動を根本的に変えてしまいつつあるのです。

その結果、日本の終身雇用制は、官や行政を除いて崩壊の方向に向かいつつあることは事実です。

大手の会社でさえも、早期退職やリストラの嵐の中にあり、中小企業。や零細企業に至っては現状の雇用制度をいつまで保てるのか危ぶまれています。

その一方、住宅ローンや子弟の高額の教育費の捻出に頭を抱えておられる人も多いことも事実です。

そして、60歳で定年を迎えて、退職金を頂いても、一ヶ月に300、000円の生活負担(今の時価で)が必要であると試算にあたしますと、10年で3600万円、80歳まで生きれば72,000,000円、90歳なら106,000,000円もの収入が必要となります。

それも、健康状態が良くて、生活習慣病や心臓病などで入院、治療、手術を計算に入れていませんから、もし家族の一人に問題が起きれば経済構造は悲惨な状況にならざるを得ないでしょう。

今の時点で、起業を心がけていけば、万に一つぞのような事態が起こっても問題なくクリアーできて優雅な人生を送れることと考えています。

事実、65歳で勤務先が倒産して、退職金はわずかの18万円でしたが、その後、起業することで現在では4500万円以上の収入を得て、今後も収入を得ることが出来ます。

通勤時間も必要なく、自宅ベースで収入を得られるのも、そのチャンスを教えていただいた方が居られるからです。

その方から、今も学び続けていて変化に対応することが出来ています。