維新 と 和歌


エックスサーバー

エックスサーバー

文藝特に和歌は、常に現状を変革しよりよき状態を憧憬するものである。
維新の志から生まれるのが和歌である。和歌を詠む者に維新変革への志があってこそ価値が和歌としての価値が生まれる。
和歌が真に、命・言靈のあるものとなるのは、その和歌を詠む者に維新変革の意志があることによる。

現状に満足し変化を望まないといふ意味での平穏な暮らしの中からは和歌は生まれない。命が枯渇し言靈が失われた言語が氾濫する情報化時代の現代においてこのことは重要である。

維新変革には悲劇と挫折を伴う。
而して詩歌とは悲願と悲劇と挫折とを謳いあげることによってその精神的・美的価値を高からしめる。

維新とは懸命なる戦いであるが、単なる破壊でも暴力でもない。
「あはれ」で悲しいものであるが、半面、美しいものである。
また歓喜に溢れたものでもある。

わが國の文學史とりわけ和歌の歴史に於いて、最も偉大なる時代は、國家の変革期である。変革期においてこそ偉大なる和歌が生まれる。
日本最高最大の歌集『萬葉集』は大化改新・壬申の乱・奈良遷都という大変革を背景として生まれた。

在原業平に象徴される平安朝の和歌は、藤原氏の専横への抵抗から生まれて来たと言える。
後鳥羽院の覇者・北條氏の武家政治に対する戦いの時代には『新古今和歌集』が生まれた。
幕末維新の時代には、尊皇攘夷を目指した志士たちの詩歌は永遠不滅の光彩を放っている。
さらに東洋の解放を目指した大いなる戦いであった大東亜戦争に殉じた将兵たちの辞世の歌は、万人をして慟哭せしめる不滅の価値を持つ。
このように國家変革即ち維新と和歌は不可分である。

それらの歌は、なべて日本國の精神を包み込んで表白し、それぞれの時代性と変革の状況において個性を以て表現されているのである。

とりわけ『萬葉集』は、日本の伝統精神の文學的結晶である。
萬葉の時代は、外には朝鮮半島の問題があり、内には蘇我氏の専横があり、文字通り内憂外患の時代であった。
その國難を打開し、天皇中心の新國家体制の確立をはかったのが、大化改新である。

こうした時代において、柿本人麿は天皇の神聖性と日本國体の素晴らしさを美事に歌いあげたし、大伴家持は漢心(からごころ)の蔓延への抵抗として『萬葉集』を編纂した。

この時代の旭日昇天の清新なる日本民族の精神は『萬葉集』に結晶されている。

そして「萬葉の精神」は明治維新という大変革に大きな影響を及ぼした。
明治維新も西欧列強の日本侵略の危機と徳川幕府の皇室軽視・封建支配という内憂外患を打開するため「尊皇攘夷」を基本理念として断行された大変革である。

「尊皇攘夷」は、國家的危機に際会して燃え上がったところの日本的ナショナリズムを一言で表現した言葉である。

幕末期の日本的ナショナリズムは萬葉の時代・建武中興の時代とりわけその時代の尊皇精神への憧憬の心と結びついていた。

つまり、萬葉の精神と楠公精神の謳歌である。

江戸時代前・中期において『萬葉集』は學問の対象ではあったが、和歌創作の規範とはならなかった。
しかし幕末期の國學者たちが『萬葉集』の精神を復興せしめた。
その「文藝復興」が明治維新の精神的原動力の一つとなった。

民族の歴史と伝統の精神を変革の原理とする日本の維新は、維新を志す者が、自らの精神と行動に、憧憬すべき時代の先人たちと同じ決意と歓喜と行動の源泉を甦らしめることによって実現する。
これを復古即革新即ち維新というのである。

そのために日本民族の持つ清潔な精神的血統と道統を継承する文藝である和歌を學び、和歌を詠むことが大切になるのである。
なぜなら、いにしえから伝えられた「五・七・五・七・七」という形式を保持しつつ、その形式によって新しき精神を表白するところの和歌が、「復古即革新」の文藝だからである。

今日の日本もまた、文字通り内憂外患交々来るといった状況である。
こうした状況の中にあって、我々の維新の情念を伝統的な文學によって訴える「言靈のさきはへ」が今こそ必要なのである。
和歌の復興が必要なのである。

現代日本において和歌を詠む人は多いが、変革の情念、特に日本人の深層精神において継承して来ている民族の共同精神を表白し訴えるものとしての和歌を詠んでいる人は少ない。真の意味において和歌が復興した時代こそが維新の時代であるといっても過言ではない。
維新を目指す我々は、和歌の力というものの偉大さを今こそ実感すべきである。

【四宮政治文化研究所・四宮 正貴先生の投稿から頂きました。】



アフィリエイト

アフィリエイト