悪夢の民主党鳩山・小沢政権


エックスサーバー

エックスサーバー

『そして、立憲民主党へ 1』
(1) 第1次安倍内閣時代だったか、米議会は従軍慰安婦問題に関する対日非難決議案を可決する。

中韓共謀のロビー活動の成果だろうが、日米同盟が危機に晒された。

C国は米国をアジアから追い出すため、日米同盟と米韓同盟に楔を打ち込み、日韓を米国から引き剥がし、C国の影響下に置こうと企む。

アフガン・イラク戦争に忙殺されていた米国の隙をつくC国の引き剥がし作戦は見事に成功した。

日本では悪夢の民主党鳩山・小沢政権を誕生させ、K国では李明博政権を籠絡した。

密入国や不法滞在で日本に住み着いたK国人が帰化して日本人となる。

彼らは日本の左翼を取り込み、日本弱体化工作を延々と続け、遂に帰化人主導の悪夢の民主党政権が誕生する。

誕生した鳩山政権の正体は、当時はイマイチ不明だったが、間もなく、左翼活動家・日教組・社会党の残党・市民運動家等と帰化人が手を組んだ反日売国の政権であることが明らかにされた。

そんな鳩山政権を作り、日本の政治を事実上支配したのが、小沢一郎。

理念とは無縁の小沢一郎は、権力を手に入れるため、日本を危機的状況に陥れようと目論む共産主義勢力と手を組み、鳩山政権を作り上げる。

地方組織は盤石には遠い民主党だが、共産主義に染まった自治労と日教組を手足のごとく使うことができた小沢一郎は、2009年の衆院選で自民党が強いと言われた地方選挙に勝利して、剛腕を見せつける。

共産主義者主導の勢力が、既にマスメディアの中枢にまで根を張りめぐらせていたためだろうか。

マスメディアは共産主義勢力と手を組んだ小沢一郎を攻撃しない。

小沢一郎は政党金やゼネコン汚職で手に入れた35億円もの大金を追求されることなく、枕を高くして眠ることができたが、好事魔多し。

小沢が予期しなかった政治資金収支報告書の虚偽記載問題で小沢の公設秘書と元秘書の3人が逮捕され、直後の衆院選挙で子分の大半を失う。

【日本再興会 吉野 一道 先生のご投稿から頂きました。】



アフィリエイト

アフィリエイト