6月 18

マーガリンのトランス脂肪酸が痴呆の引き金

■発がん性
結合している水素原子によって体内の酸化が進み、細胞遺伝子が酸化されてガンになる可能性が高くなるそうです。
アメリカではガンによる死亡率とトランス脂肪酸を含む植物油の消費率の増加がほぼ一致しているというデータが報告されています。

■糖尿病
ハーバード大学医科大学院グループは[American Journal of Clinical Nutrition, June 2001]で、2%のトランス脂肪酸の摂取で、糖尿病のリスクが39%高まると発表しています。
日本国内では、現在のところ規制はありません。
花王のエコナクッキングオイルにはトランス脂肪酸が5.2%含まれている。

■米国:FDA(連邦食品薬品局)は、トランス型脂肪酸の表示の義務化を決定。
2006 年1 月1 日に全米でスタート。
2002 年秋、米国のマクドナルドは2003年2月までに全米13000店での使用の油脂をトランス脂肪酸の少ないものに代えると発表した。
スターバックスでは、2007年1月から提供している食品にトランス脂肪酸を使用しない決定をしました。
ニューヨーク市では「トランス脂肪酸」を含む調理油や食材に関して、市内のすべてのレストランやファストフード店で原則的に使用禁止にすることを決定しました。
保健・衛生関連の条例改正をして08年には実施を義務づけ、違反業者には罰金が科せられるそうです。

■オランダ:トランス脂肪酸を含む油脂製品を販売禁止

■デンマーク:2004 年1 月1 日から国内のすべての食品について、油脂中のトランス脂肪酸の含有量を2%までとする制限を設定。
ある限度以上のトランス脂肪酸を含むものは 販売禁止。

■カナダ:原則として2005 年12 月12 日からトランス型脂肪酸の表示義務化へ。
2006 年、カナダ保健省とカナダ心肺蘇生財団はトランス型脂肪酸に関する共同プロジェクトチームを率いて、平均トランス型脂肪酸摂取量の22%が外食、多くはファーストフード店での食事による等と報告している。
■ドイツ:ドイツでトランス型脂肪酸を規制した理由。腸の慢性炎症疾患でクローン病という難病があります。
ドイツではマーガリンの摂取とクローン病の因果関係が証明されました。
そのためにマーガリンの使用が制限されています。

■マレーシア:3 月12 日時事通信によると、マレーシア政府保健省がファーストフードの広告禁止を検討しているようです。
ファーストフードは糖尿病などを引き起こす肥満の元凶とみなしているためで、チュア保健相は「ハンバーガーは『静かなる殺し屋』だ」と指摘。
「広告が禁じられている酒、たばこと同様に扱われるべきだ」と強調した。
トランス脂肪酸については言及していませんが、こういった姿勢は見習いたいものです。

■韓国:製菓メーカーらが2007 年初から相次ぎ「トランス脂肪酸ゼロ化」を宣言しているオリオンも、全製品での使用を完全に中止したと発表した。

しかし、日本では、言論の自由だとか、マスコミの広告収入確保のため、簡単に一企業の広告禁止は出来ないようです。

*2004/5/14 日経BP社「マーガリンのトランス脂肪酸が痴呆の引き金に」より

6月 18

トランス脂肪酸は身体を壊す

トランス脂肪酸を多く含む食品:・マーガリン ・ショートニング
トランス脂肪酸は自然界に存在しない物質です。

■植物性油脂(市販大豆油、コーン油、米油、ナタネ油、綿実油などは精製する過程で高い熱を加える為、一部はトランス脂肪酸に変化します。)
・スナック菓子・インスタント食品・高温の植物性油脂を使って調理した食品(揚げ物、フライ、天ぷら)
・植物性油脂を含み高温で調理され食品(スナック、冷凍食品など) 
・スナック菓子や、チョコレート、また、原材料に植物性油脂、ショートニングを使用しているクッキーやケーキ、パン等はトランス脂肪酸が多く含まれていると考えてもいいでしょう。

欧米ではゼロまたは2%というのが基準になっているようですが、せいぜい1% 未満のものを使いたいものです。
トランス脂肪酸は自然界に存在しない物質です。
そのため、体内に入ると代謝しきれず、蓄積してしまいます。
トランス脂肪酸が体内に蓄積するとどんなことが起こるでしょうか?

■心臓疾患
飽和脂肪酸が悪玉コレステロールを増加させることは広く知られていますが、トランス脂肪酸は悪
玉コレステロールを増やすだけでなく、肝臓に悪影響を及ぼしてコレステロール調節機能のバランスを崩し、善玉コレステロールを減少させることがわかっています。
言うなれば倍速のマイナス効果で動脈硬化を促進し、心臓疾患のリスクを非常に高めるのです。

■免疫
トランス脂肪酸は、体内で細胞膜の形成時において弱く不安定な細胞膜を作る要因となり、ウイルスや細菌が進入しすくなって免疫機能を弱らせます。
関節炎等の慢性炎症性疾患、アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎、クローン病など多くの病気との関連が指摘されています。

■痴呆
トランス脂肪酸をたくさんとるお年寄りは痴呆になりやすい、という気掛かりな研究結果が、米国シカゴ近郊に住む65 歳以上の住民8500 人を長期間追跡した「CHAP」(Chicago Health andAging Projects)によって、米国神経学会が発行する学術誌、Neurology 誌2004年5月11日号で発表されています。
また米国Rush 健康加齢研究所のM. C. Morris 氏らは、動物実験や、数百人を追跡した疫学調査で、トランス脂肪酸が認知機能を下げる恐れがあると報告されていることに着目しました。
そしてより多くの人を追跡した「CHAP」研究のデータを使い、トランス脂肪酸や飽和脂肪酸の摂取量と認知機能との関係を調べた結果、トランス脂肪酸をたくさんとっている人ほど、認知機能が早く低下することが判明しました。
トランス脂肪酸や飽和脂肪酸をたくさんとる人では、「血中に悪玉コレステロールが増えるため心臓だけでなく脳の動脈硬化も進み、認知機能が早く落ちやすくなるのでは」と研究グループはみています。