痩せにくい人

年を取れば取るほど、体重の維持や減量が難しいと感じる方が多いです。
又、年齢が上がる事によって基礎代謝が落ちます。さらに様々な身体の不具合を感じたり、病気を抱えたりします。高血圧、糖尿病、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞などです。
勿論、年齢に関係なく、日本の社会では子供でも糖尿病の子供が増えています。
これらは全て、生活習慣病と言われているもので、結論から言うと食生活によって防げるものだ! という事です。
日本の死因のトップ3が 1位が癌、2位が心疾患、3位が脳血管疾患となっています。
2位、3位は動脈硬化が原因です(血管のつまり)そして、肥満が死因の60%に影響している事が明らかになりました。
これを受けて、今、国も真剣に肥満人口の減少に力をいれています。
何故なら、肥満を解決する事で、多くの病気を防ぐ事が出来、更には医療費の削減にもつながるからです。2008年4月から健康診断にメタボリック診断の導入が義務化されました。
真剣に食生活を見直す事、食生活の改善によって生活習慣病を予防して、肥満を改善していく事を国民に呼びかける為でもあります。
減量の為だけではなく、本当に病気にならない身体を作っていく為にも、現在の食生活を真剣に見直す事が大切です!
炭水化物は、糖分(カロリー)に変換されて使われて、余ったカロリーは、使われることなく
大切に毎日毎日、内臓脂肪の形で蓄積していきます。