カロリー摂取について

私達が【太る痩せる】には全て簡単な方程式があります。
一日の摂取カロリーよりも消費カロリーの方が高ければ痩せます。
逆に一日の消費カロリーよりも摂取カロリーが上回ってしまっていれば、当たり前ですが、太っていきます。




日々のカロリーオーバーの蓄積が肥満に繋がっていく、という事ですね。
だからと言って、食べないダイエットは先週お話したように、必要な栄養素すら欠乏させてしまい、筋力も落とし、結果、基礎代謝もより下がっていきますので、結果、その後のリバウンドに繋がっていきます。
多くの方が~~ダイエットをやったけど、結果リバウンドをした。
という事をおっしゃいますが、皆さんは何故リバウンドを起こすか、分かりますか? 
言い方を変えるならばリバウンドというのは、自分が必然的に引き起こしている状況なのです。
体重が落ちる理由は、食事制限等のカロリー制限をしているか、又は、運動等をして消費カロリーを高めているかのどちらかです。
ダイエットをしている方は、必ずこのどちらかをダイエット中は行なっている訳ですね!
では、ダイエットを辞めた後に多くの人がどういう行動を取るのか?
ダイエット前の生活に戻ります。
例えば、食事制限をしていた人は以前の食生活に戻っていきます。
以前の食生活というのは、その人を太らせた食生活ですから(好んで食べる物や食べる量)再び太っていっても当然という事です。
次に食事は今迄のままで運動をして痩せた人が、摂取カロリーはそのままで、消費カロリーを上げてきた訳ですから、運動を止めたらまた太ります。
「お腹がいっぱい」と思うのは、胃の中が満杯になったからではありません。
脳の満腹中枢が指令を出しているからです。満腹中枢が指令を出すのは、タンパク質、ビタミン、ミネラルが吸収され、アミノ酸に変わるからです。
炭水化物、特に生成された米(精白米)、小麦粉(精白)などには十分なタンパク質、ビタミン、ミネラルが不足しています。だから、食べても、食べても、空腹感が無くならないのです。
この原則を理解すると、栄養バランスの重要性がより理解出来ると思います。
では、太らない為の一日での摂取カロリーの目安ですが、これは人によって、異なります。