日本経済に未曾有のチャンスが到来している

日本経済に未曾有のチャンスが到来していることを皆様に知っていただきたいと思います。

そして、大きな経済変動が起きている事実も毎日の報道機関のニュースだけでは将来的な予測や判断が出来かねる現状をお知らせしたいと思います。

産業革命の時以来の大きな経済変動が世界の経済活動を根本的に変えてしまいつつあるのです。

その結果、日本の終身雇用制は、官や行政を除いて崩壊の方向に向かいつつあることは事実です。

大手の会社でさえも、早期退職やリストラの嵐の中にあり、中小企業。や零細企業に至っては現状の雇用制度をいつまで保てるのか危ぶまれています。

その一方、住宅ローンや子弟の高額の教育費の捻出に頭を抱えておられる人も多いことも事実です。

そして、60歳で定年を迎えて、退職金を頂いても、一ヶ月に300、000円の生活負担(今の時価で)が必要であると試算にあたしますと、10年で3600万円、80歳まで生きれば72,000,000円、90歳なら106,000,000円もの収入が必要となります。

それも、健康状態が良くて、生活習慣病や心臓病などで入院、治療、手術を計算に入れていませんから、もし家族の一人に問題が起きれば経済構造は悲惨な状況にならざるを得ないでしょう。

今の時点で、起業を心がけていけば、万に一つぞのような事態が起こっても問題なくクリアーできて優雅な人生を送れることと考えています。

事実、65歳で勤務先が倒産して、退職金はわずかの18万円でしたが、その後、起業することで現在では4500万円以上の収入を得て、今後も収入を得ることが出来ます。

通勤時間も必要なく、自宅ベースで収入を得られるのも、そのチャンスを教えていただいた方が居られるからです。

その方から、今も学び続けていて変化に対応することが出来ています。